menu
Nara Plastic

奈良県プラスチック成型協同組合の
活動指針

メッセージ

奈良県プラスチック成型協同組合は、昭和35年(1960年)12月に、18社からなる諸先輩方々による旗揚げから始まりました。令和元年(2019年)には、60周年の節目を無事に迎えることができました。ひとえに永きにわたり温かいご指導とご支援を賜りました関連業界の方々および関係官公庁の皆さま方のお蔭であり、厚くお礼申しあげます。
中小企業者がお互いに力をあわせて生き抜くため、当組合創立時の諸先輩方々は、協同組織の必要性を痛感しておられました。そのような想いが、プラスチック成型に携わる中小企業者の結集の実現につながり、現在に至っています。

ウィズコロナの時代にあって、プラスチック成型業界においても時代に即した価値観の転換や変革が求められています。当組合では青年部を中心とした若きリーダーと経営者の行動が、先の時代を担っています。

事業の承継を成し遂げながら事業活動をさらに継続していくためには、IoTなどを活用して新たなイノベーションに対応できる人材の育成や確保が身近な課題となってきます。今、世界的に環境問題への取り組みがクローズアップされています。産業全体が環境重視型に移行した脱炭素社会を目指しており、今後は石油由来の樹脂の割合が減少してバイオプラスチック関連が増えていきます。

奈良県プラスチック成型協同組合では、組合員が取り組むべきプラスチック循環戦略や職場の環境改善を後押していきます。また、技能実習生などの外国人材の活用を促進し、若年従業員の確保と成形技術力の継承・高度化を、今後とも進めてまいります。コロナ禍というニューノーマルな時代の変革期の今こそ、自らの足元を堅めながら、独創性あふれる発想をもって様々な困難を乗り越え、次なる時代へ勇気ある挑戦をしてまいります。

■令和3年度事業計画

ウイズコロナ時代の体制構築へ!

  一旦は終息に向かっていた新型コロナウィルス感染症が、
  新たな変異種が発現するなど、世界中で未だ感染中の兆候です。
  ワクチン接種が進行されているとはいえ未だ不透明な状況です。
  経済交流が活発化されると蔓延してくる、緊急事態宣言が発令されるなど対策が強化されると少しは萎んでくるという風に、
  どうもこの感染症は増えたり減ったりの繰り返しで、当面は上手に付き合っていくことになるでしょう。
    労働者人口が減少する中のウイズコロナ時代にあって、事業活動を継続していくためには、
 新たなイノベーションに向き合える人材確保が最大の課題となってきます。

   組合は、昨年度まで推進してきた「職場環境改善プロジェクト」の事業成果と技能実習生などの
  外国人材の活用促進で若年従業員の確保と離職の低減を図るとともに、組合員と協働しながら、
  働き方改革の理念に沿った労働コンプライアンス経営の実践にも取り組んでいきたいと考えています。
    以前から、組合員従業者の職業能力開発と技能検定受検を奨励しており、幾多の技能士が誕生して参りました。
  社内における技能士数が、当該の生産技能水準を計る指標とされることもあるため、
  受検者の一層の奮起を促す支援を進めていきたいと考えています。
  また、既に多くの組合員から技能検定委員を派遣して頂いていますが、技能検定委員の増強と若返りに向けて、
  追加推薦も含めて検定体制を強化していく必要性を感じています。
    組合員の中では、事業承継が着々と進んでおり、引き続いて若き経営者の誕生が予想されます。
  組合の青年部活動で、経営課題解決に寄与するテーマを共有して、研鑽と情報交換が活発になされたことが、
  円滑な承継につながったと思っています。

   多くの若者が組合に結集し、有するエネルギーとパワーで次代の業界をけん引していただけることを大いに期待しています。
   この他、国・県等の関係機関との連携をより密にしながら、
  総務部、情報部、監理部、事業部、技術部、財務部、青年部で所管の通年業務は鋭意推進していく所存です。

  コロナ禍の下で各事業を企画立案する際には、日程や場所の設定にゆとりを持って準備し、不測の事態に備えておかねばなりません。
  当然ながら、各事業で成果をあげていくためには、組合員のご理解とご賛同が不可欠と考えています。
  今後も、コロナ感染防止対策には万全を期して臨んでまいります。