オピニオン

オピニオン


電力料金値上げ幅圧縮の要望

  このたび、関西電力から我々に提示された電力料金の値上げ通知に対し、値上げの
 大幅な圧縮努力と組合員への格別な配慮を強く要望するものです。
  奈良県のプラスチック成型業は、県地場産業として地域の雇用を支えるとともに、
 自動車、電機、包装容器、医療品、家庭日用品等の広範な製品や部品づくりの中心的
 な役割を果たしています。
  組合企業の多くは、24時間稼働を行っており、他業種に比べてより多くの電力を消
 費しています。昨今は、材料価格の高騰、ユーザー業界の海外移転等が進行し、競争
 激化を与儀なくされている現状で、製品への価格転嫁は困難を極め、逆にコストダウ
 ンを要求される深刻な状況にあります。
  再三にわたり、一方的な電力料金の値上げがなされており、各企業ごとで実施して
 いるコスト削減努力の限界を超え、当地域のプラ支トック製品製造業界の存続さえ危
 ぶまれる苦境にさらされることになりかねません。
  以上のことから、今回の値上げの大幅な圧縮の努力と中小零細企業への格別な配慮
 を強く要望します。
  皆様方の、暖かいご理解とご支援をお願いいたします。
   2015年3月



原料ナフサの免税措置

  現在、プラスチック製品の原料ナフサは、「租税特別措置法」に基づき、減免を受
 けています。ナフサは、プラスチック製品の原料として国民生活を支えており、全面
 的に課税されますと、年間約3兆円の負担となり、プラスチック業界は壊滅的打撃を
 蒙ることのみならず、社会生活や経済活動に深刻な影響を及ぼすことになりかねませ
 ん。
  当組合は、この減免措置が継続されますよう強く要望しております。
  皆様方の、暖かいご理解とご協力をお願いいたします。


地球環境を守る取組み

 ・工場内の省エネ対策を進め、温室効果ガスの削減と、それにともなう経営コストの削減を図るための、マニュアル作成。
 ・地域に密着した会員企業が行なう企業見学会などへ、プラスチックについての正しい知識を広める活動。
 ・プラスチック製品のCO2排出量を簡単に計算できるソフトや、工場内での樹脂リサイクル、環境に優しい樹脂の開発・研究。
 ・企業の環境活動の情報発信をすすめて、プラスチック業界が行なっている環境への負担を総合的に減らすための環境経営報告書の作成。  
 ・CO2排出量を分かりやすくする“見える化”対策として、国が進めるカーボンフットプリント制度への取り組み。

           (一社)西日本プラスチック製品工業協会 提携